今更ながら・・・DOORzって、こんなゲストハウスです。

いよいよ本日、DOORzは正式にオープンいたします。

まだまだ準備万端!とは到底いえませんが、徐々に体制を整えていくのがDOORz流。

とはいえ、もう少しDOORzのこと、芦野のことを知ってもらいたい・・・というわけで、

DOORzは一体どんなゲストハウスなのかを、ご紹介させていただきます。

ずっとこのブログを応援してくださっている方も、

DOORzはじめまして!の方も、

なんだかおもしろそう、と思っていただけたら幸いです。

 

①週末、芦野時間のススメ

DOORzは週末、金土日のみの営業です。

ぎゅうぎゅうに予定をつめこまず、気の向くままに。

毎日に疲れてしまった時は、「なんにもしない」をするために。

いつもの街を抜け出して、

週末だもの、芦野時間でのんびり暮らそう。

あなたが週末に帰る家、それがDOORzです。

 

②暮らしをていねいに

DOORzがある芦野は、那須高原のような観光地ではありません。

芦野は、人々が季節の移り変わりと共に、

米を作り、畑を耕して、日々の暮らしを紡いできたところ。

DOORzもご近所の先輩方に教わりながら、

少しずつ野菜を作り始めました。

ゲストさんと一緒に畑に出たり、

ゆくゆくは釜戸でごはんを焚いたり、味噌を仕込んだりと、

ゲストハウスでも、先人に学ぶていねいな暮らしを

実践していきたいと思っています。

 

③DOORzメシ

DOORzでは、食事はみんなで作ります。

料理は苦手・・・という方も、一緒に作業することを

楽しんでもらえたらいいなと思っています。

食は暮らしの中の、大切な一コマだから。

DOORzの畑や、芦野で採れた野菜を使って、

みんなで作って、みんなで食べる。

それがDOORzメシです。

 

④つまるところ、人。

DOORzが感じている芦野の魅力はいろいろありますが、

つまるところ、人なんだと思います。

実際、DOORzも面倒見のよいご近所さんに

日々助けられてばかりです。

DOORzが、ゲストさんと芦野の地元の方をつないで、

多くの人に、芦野の人の温かさに触れてもらいたい。

そして、あの人にまた逢いたいなぁ、と思ってもらえたら。

DOORzにとって、それは何よりもうれしいことです。

 

⑤冒険への扉

私が、ゲストハウスを『DOORz』と名付けたのは、

たくさんの人に、たくさんの出逢いを通じて、

自分でもまだ知らない心の扉を、たくさんあけてほしい、

そんな想いがあったからです。

実際、私がゲストハウスを作りたいと思ったのも、

ゲストハウスでの出逢いから、新しい扉がひらいたことが

きっかけでした。

むむむ、人生は何が起こるかわからない・・・笑

DOORzでの出逢いが、たくさんの冒険への扉を

ひらいてくれますように!

 

さあ、この続きはDOORzでゆっくりお話しましょう。

みなさまのお越しを、心からお待ちしております。

image

PageTop