シブガキ隊、参上!

先日、無事に保健所の立入検査が終わりました。

一番の心配事だったので、肩の荷が下りたような気分・・・

なんとか営業許可はおりそうですが、オープンに向けてもう少し作業は続きます。

 

土曜日、はったばかりの床板や柱に柿渋を塗りました。

柿渋を塗ると落ち着いた風合いになるだけでなく、防虫効果もあるそうです。

柿渋は、こんな色。たまり醤油みたい。

image

 

今回お手伝いいただいたのは、アシノビトで日々お世話になっている、ナホさんとアヤカちゃん。

私の父も参戦してくれました。

それではシブガキ隊(!?)の皆さん、お願いしまーす!

 

まずは、床板から。柿渋をハケで塗って、布で気泡や、ムラがなくなるように拭き取ります。

image

 

時代を感じる柱や桁は、木の表面が白っぽくなっているので、柿渋を塗る前にサンダでヤスリをかけます。

おとーちゃん、おかげできれいになったよ!ありがとー!

image

 

ヤスリがけが終わったら、床と同じ要領で柿渋を塗っていきます。

塗る前と、塗った後の違いは歴然。アヤカちゃん、ありがとー!

image

 

シブガキ隊のモッくんポジション狙い!で挑んでくださったナホさん(笑)

終了後には、ギター弾き語りも披露してくれました。

いつもDOORzに笑いと感動をありがとうございます!

image

 

塗り終わった床は、もとの杉板が白かったので、ほんのりオレンジ色。

なんとなく、夕焼けを思わせる色になりました。

柱や桁は、こっくりと深い木の色になって、思った以上にいい仕上がりです。

柿渋はぬって数日たつと色が落ち着いて、日に焼けて色が変わっていくそう。

これからの変化も楽しみです。

 

柿渋を塗るまでには、年代物の埃を払って、表面を磨いて、けっこう手間がかかったけれど、

本当に、びっくりするくらいきれいになりました。

家を守っていくこと、暮らし継ぐことって、大変だなぁ・・・

だけど、きちんと手入れをすれば、家はちゃんと応えてくれる。

柿渋を塗ってみて、そんなことを思いました。

 

 

柿渋を一通り塗り終わったところで、嬉しいお客様!

横浜から、大学時代の同級生が遊びにきてくれました〜!

こんな突然の訪問が、DOORzのエネルギーなのです。

image

マリちゃん、マキノくん、ユイちゃん。

来てくれてありがとう!オープンしたら、ゆっくり遊びにきてね〜☆

PageTop