畑の一年生、冬野菜の種をまく。

改修作業の合間に、DOORz農園に冬野菜の種まきをしました。

今回から、私も畑仕事参戦です。

畑の一年生なので、タッちゃんのお母さんに先生をお願いして、基礎から教えてもらうことに。


まずはハクサイ。苗は、タッちゃんとお母さんが植えてくれました。

image

なんと40株!!これで冬の鍋には困らないでしょう。

 

次は畝を作って、カブとビーツ、青菜類(カラシナ、コマツナ、チンゲンサイ)を蒔きます。

カブなんて、よく食べている野菜なのに種を見るのは初めて。こんなに小さいんだなぁ・・・

image

 

そして、種を蒔く、ただそれだけなのに、どうやって蒔けばいいのかわからない・・・

一列に蒔く?

バラバラに蒔く?

種と種の間は、どのくらいあける?

 

先生に聞きながら、一列に5センチくらいの間隔で一粒ずつ蒔いて、畝の最後まで到達しました。

「先生、種が余りましたー!」

「じゃあ、もう少し細かく蒔いて戻ってきてー」

「はーい!」

種どうしがくっつかないように蒔いたつもりですが、うまく蒔けたかなぁ。

 

種を蒔いたら、畝の周りの土を被せて、パンパン軽く押さえます。

こうやって風で飛んだり、鳥に食べられたりするのを防ぐそうです。

 

先生に、気になっていたことを聞いてみました。

「ダイコンの苗って、少し畝を高くして植えているのはなんでですか?」

「ダイコンは根っこをのばしていく野菜だから、平らなところにそのまま植えると、

3本とか5本とかに分かれたダイコンになっちゃうよ」

「へぇー!知らなかった!」

こっそり、五マタのダイコンを作ってみたい気もします・・・

image

先生の手の動きを見て、真似して、やってみる。

『見て学ぶ』というやり方は、すんなり頭と身体に入ってきました。

学校も机の上のお勉強ばかりじゃなくて、

こんなふうに身体で覚える勉強なら、もうちょっとマジメにやったのに・・・

なんてね〜。

さて、DOORz農園の冬野菜たち、上手にできるでしょうか?

お楽しみに!

PageTop