勝手に、ご近所さん自慢。

突然ですが、今日はDOORzのご近所さんを自慢しちゃいます!

 

先日、近所のおじいちゃんの家に行ったら、こんなことを言われました。

 

「なんだか布団を干すとき、いろいろ工夫してやってるみたいだけど、

山から木を切ってきたから、物干し作ってやっか?」

 

実はDOORzで布団を干すときは、脚立を4つ並べて、竹竿を渡していたのでした。

あらら、バレてたーーー(笑)

ありがたいので、お言葉に甘えて物干しを作っていただくことにしました。

 

そして数日後。

2メートル近い木の杭をバイクにくくりつけて、うちまで運んできてくれました。

おじいちゃん、85歳です・・・!!!

 

「高さはどうすんだ?あんまり高いと干せねぇだろ?」

まずは、出来上がりが150センチの高さになるように印をつけました。

image

 

次に、土に埋めるところが腐らないようにコールタールを塗ります。

私も一緒に塗ってみました。

「切り口のところもベッタリ塗ってな」

「はいっ!」

image

 

作業をしながら、おじいちゃんといろんな話をしました。

 

「おじいちゃんは、昔どんなお仕事されてたんですか?」

「なんでもやったよ。馬引きから、砂利運びから、炭焼きまで。

ハッサイクシチビンボウっていうだろ」

「ハッサイク・・・???」

「何でもやるけど、ずっと貧乏ってことだよ」

 

後で調べたら『八細工七貧乏』とは、あれこれできる器用な人に限って貧乏だ、という意味の諺でした。

 

確かに、とっても器用なおじいちゃん。

稲藁でバッタを作ったり、ミニチュア米俵を作ったりするのも得意なのです。

これが、前に見せてもらった米俵。すてきでしょ?

 image

 

「おじいちゃんの稲藁細工は、いつからはじめたんですか?」

「あんなのは、定年してからだから・・・65くらいからかな」

「 全部、独学ですか?」

「そうだよ。旅行に行っても、土産物屋でいいと思ったものは、

上から下から横からぜーんぶ写真をとって、帰ってきてから作ってみる」

ひえーーーー!それでほんとに作れるって、すごいです。

 

「歳とったからってなーんにもしなかったら、ほんとに年寄りになっちまう。

なんでもやってみないとだめなんだ」

なるほどー。85歳に見えないのも納得・・・

 

翌日、朝早くやってきたおじいちゃん。

「昨日の夜、考えたんだけども。地面に刺さりやすいように、先を削っとくべ」

といって、取り出したのはチェーンソー。

見事なチェーンソーさばきでした。かっこいいーーー!!

image

 削った先にもコールタールを塗って、乾いたら建てることになりました。

ありがとうございます!

 

改装中のDOORzをちらっとのぞいておじいちゃん、

「全部自分たちでやってんのか?」

「まぁ、できるところはやってます・・・」

「大変だなぁ」

「うーん・・・でもなんでもやってみないと。ですよね?」

「ははは、そうだそうだ」

にっこり笑って、帰っていかれました。

 

 

冬になったら、DOORzでわらじ作りを教えてもらいたいな。

おじいちゃんに会いたくなった方は、ぜひ遊びにいらしてくださいね☆

PageTop