コンクリートデビュー。

お盆やすみ、2日目。

今日の作業は、おふろの床のコンクリートうちです。

水道屋さんのシンちゃんにお願いして、まず砂と砂利の調達に出かけました。

ユンボを使って、この大きな袋に砂利と砂を一杯ずつ入れ、

image

この大きなクレーン付きのトラックに乗せます。

image

まさに、はたらく車ですね〜。かっこいい!!

 

ユンボも乗せて、

image

いざ、芦野へ!

 

コンクリートの材料は、砂利、砂、セメント、水。

砂利:砂:セメント:水=3:3:0.5:1くらいでしょうか。

image

まずは水以外の材料を、よーーーく混ぜます。

これはとっても重労働。みんな汗だくです。

image

次に水を加えて、よーーーく混ぜます。

鍬でペチペチして、こんなふうに表面が水っぽくなればOK。

image

できたコンクリートを、お風呂の床に流し入れます。

厚さが大体10センチになるように、木のコテでならします。

image

 

しんちゃんに習って私もやってみました。コテを使うのは、もちろんはじめてです!

「平らにするには、左の勘を頼っていくんだぞ。だから、さかん(左官)なんだ」

というシンちゃんの、ホントかウソかわからないような教えのおかげで、

床はなんとか、平らになりました(笑)

 

必死に混ぜて、流して、ならす。繰り返すこと10回以上。

空も暗くなった頃、床全体にコンクリートを敷き詰めることができました。

image

 

記念すべきDOORzのコンクリートデビューは、なかなかハードな一日でしたが、

この作業、漆喰塗りの練習にぴったりでした!

今日もDOORzは、シンちゃんにお世話になりっぱなし。

いつもいつも、ありがとうございます☆

PageTop