お盆の作業、はじまり。

お盆ですね〜。

芦野のお盆は、どの家も親戚が集まっているのか、いつもより少しにぎやか。

そんな中、DOORzは作業をぐいぐい!進めていきたいと思っております。

 

今日は漆喰塗りに備えて、壁際や柱にマスキングテープを貼りました。

image

こんなふうに、漆喰が余計な部分につかないように保護することを、『養生』というそうです。

大体、漆喰の厚さが3mmくらいになるように、マスキングテープも壁から3mmくらい離して貼るのですが、

ずーっと3mmを保ってまっすぐに貼るのって、案外難しい。

いつの間にか5mmになってたりしますが、気にし過ぎは禁物!

日が暮れてしまいます。

 

地味に床にも貼ります。

お尻にぶら下がっているのは蚊取り線香。私の必需品ですww

IMG_2329

 

全部貼るとこんな感じになります。

image

これで床にマスカーという、マスキングテープとビニールシートが一緒になったようなものを敷いて、

柱も保護すれば、養生は完璧です!

 

マスキングテープを貼り終わって、一休みしていると、

去年のアースデイで知り合った、実家に帰省中のイトウくんが遊びにきてくれました♪

イトウくんは隣の那須塩原市の出身ですが、芦野に来たのは初めてだそうです。

「地元にこんなところがあるって知らなかった。いいところですね〜」

と、うれしいお言葉をいただきました。

IMG_2343

イトウくん、ありがとう。また遊びにきてねーーー!

 

そして午後は早めに作業を早めに切り上げ、タッちゃんと建材屋さんへ買い出し。

今日はついに漆喰を買いますよ!!

 

その前に、行っておきたいところがありました。

お友達の大工さんに教えてもらった建材屋、天野商事さん。

素人にも親切に教えてくれるよ!ということで、最大の悩みのタネ、漆喰の下地や塗り方なんかを聞いてみることに。

 

天野商事はダイソウよりもさらに、プロの店!といった雰囲気でやや緊張・・・

勇気を出して、

「リフォームで漆喰を塗りたいんですが、少し教えてもらえませんか・・・?」

と、おじさんに聞いてみると、

「どうぞどうぞ、中へ!」

とても心良く応じてくださいました。

 

おじさんによると、どうやらうちの下地は「石膏」なのだそうです。

石膏に漆喰をぬるには、やはり水分がしみ込まないようにするシーラーが必要。

さらに、素人が漆喰を塗るには、漆喰にもシーラーを混ぜた方が伸びが良く、塗りやすいとのことでした。

「漆喰20kgにつき、シーラーは1ℓくらいだね」

これは、めもめも!

 

おじさんに教えてもらったおかげで、私たちもなんとか漆喰を塗れそうです。

そしてついに、購入!

image

ここまできたら、もうあとはやってみるだけです!

PageTop